簡易抗原検査キット

img-topmenu1

ヒト咽頭検体、及び鼻腔検体中の新コロナウイルス (2019 nCoV) 抗原の、定性検出用です。

続きを読む

簡易抗体検査キット

img-topmenu2

ヒト血清、血漿及び静脈全血検体中の、新奇コロナウイルス (SARS-CoV-2) IgM/IgG抗体の、体外定性検出用です。

続きを読む

抗体検査と抗原検査の違い

img-topmenu3

抗原検査と抗体検査、PCR検査との違いについての説明がご覧になれます。

続きを読む

ラピッドテストについて

ラピッドテストは、医療機関以外でも、手軽に利用できるように設計されている、検査キットの総称です。

当サイトでは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による感染拡大を受け、多くの”安心” を届けていくことを主な目的とし、抗体と抗原を調べるラピッドテストを各種取り扱っております。

新型コロナウイルス 感染に関しては通常、 医療機関に出向き、PCR検査等を受けるという方法が一般的となっておりますが、実際には時間や費用面からしても、残念ながら検査をする人がとても少ないのが現状で、感染はまだまだ広がりを見せております。

このウィルスは、無症状感染者が8割を超す事がわかっており、それも感染に歯止めがかからない原因の一つとなっておりますが、ラピッドテストを用いる事で現在の感染状況を簡易的に判断することが可能となります。

抗体検査・・・14日以前の感染に関して、体内に抗体があるか否かを、1滴の血液を用い判断するもので、10分程度で判明します。
抗原検査・・・現在の感染の状態を、細胞が特異的に産生する抗原があるか否かを、口腔内の粘膜を用い判断するもので、15分程度で判明します。

*抗原・抗体検査を、を同時に行うことによってさらに精度の高い判断が可能となります。

・多くの方と接する職業の方
・高齢者や基礎疾患を持っている方と同居している方、地方への帰省を考えている方
・出勤や登園登校の際に抗体の有無を確認したい方
・企業等で、抗体保有者を調べたい方

など、自己管理の一環として、健康を管理しながら、他者への感染を防ぐための、定期的な判断材料としても、ラピッドテストは簡易的にお使いいただけます。

PAGE TOP